忍者ブログ
東京・高円寺にある、バイク専門店【Liberty(リバティー)motor-cycles】北村社長のブログです。
2006年式スポーツをプライマリからの異音でお預かり。
プライマリーチェーンのたるみがかなりあったので、「チェーンを張ってやれば治るかな~」と思い調整後、試乗してみましたが治りません。
走行距離が3万キロ位なので、スプリングプレートかな~
とりあえずプライマリーオイルを抜いてみました。

かなり汚れています。

ドレンボルトに付いたスラッジもちょっと多い気がします。

カバーを外し、クラッチ分解。

やはり、スプリングプレートの破損でした。オイルを抜いた時に写真に写っている金色のリベットの頭が出て来るとわかりやすいのですが、今回のように出てこない場合もありますね。
乗り方にもよりますが3万キロ前後で破損するようです。
バーネットからでているスプリングプレートを必要としないクラッチ板のセットに交換してしまうのもおすすめですが、今回はお客様の意向でスプリングプレートのみ交換いたします。 
気がつけば、12月になり、ブログも更新せずに半年近くたっておりました。
忘れていたわけではないのですが、ブログを更新する習慣がすっかりなくなってしまっていました。
「これではイカン!」とブログ再開です。


当店の在庫期間がかなり長かった’02 FXDLです。ご成約いただきまして、納車整備を終えて本日

納車です。


ありがとうございました。また、いつでもお立ち寄りください。 
こちらも、少し前の作業です。

一台でもかなりの迫力ですが、3台並べるとド迫力!

一台は、ミッドコントロールを付ける為にマフラー加工&ハンドル交換。

そして、外したハンドルをもう一台の車両に取り付け。

もう一台は、オイルタンクの交換等をさせていただきました。

黒いタンクからメッキタンクに交換。


ショベルのオイルタンク廻りと比べると配線がかなり多いです。

3台とも肝心な完成写真、取り忘れ・・・。


少し前の話です。スイングアームの動きがおかしい事に気がついたSR400。



スイングアームシャフトの左右のナットを外してシャフトを叩いても全然抜けてくれません。

スイングアームに定期的にグリスアップをしていないSRには起きやすい症状です。
こうなるとスイングアームを切断してしまえば話は早いのですが、この車両は他店で制作したロングスイングアームが付いているのでできれば切りたくありません。

車体にスイングアームがついたまま、ダストシールやカバー類など破壊できるモノを破壊し、

ノコ刃が入る隙間を作る事に成功。
ノコ刃は入るが持ち手を付けるスペースは無いので、軍手を付けて直でノコ刃を握りギコギコと
格闘する事数時間。

シャフトの切断成功。

スリーブとシャフトが完全に固着し、一体化してます。

破壊したシール類やカバー、シャフト、スリーブ等新品に交換し、無事に元のスイングアームを
組む事が出来ました。
SRオーナーの方、スイングアームのグリスアップを忘れずに~。 
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7
≪  Back :   HOME   : Next  ≫
カレンダー
03 2018/04 05
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
プロフィール
HN:
北村社長
性別:
男性
職業:
バイク屋さん
趣味:
バイク
アクセス解析
バーコード
最新CM
[04/08 JACHex]
[06/30 広瀬]
[01/06 焼鳥くん]
[12/31 48PAN]
[12/29 焼鳥くん]
最新TB
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]

temp by 今日も一人暮らし
PR